Larkってなに?業務改善とDX推進に役立つスーパーアプリ

Larkってなに?業務改善とDX推進に役立つスーパーアプリ

Larkってなに?業務改善とDX推進に役立つスーパーアプリ

Portrait of Asami Minagawa Lark's Author

皆川 麻美

2023年8月10日木曜日

2023/08/10

2023/08/10

5 min read


はじめに

もしかしたら、最近「Lark」という名前を聞いたという人も多いかもしれません。実は、Larkで解決できる課題はたくさんあるため、「Larkって何ができるの?」「企業のDXをどう支えてくれるの?」と思う方もいるのではないでしょうか。そこで、この記事では、Larkとは何か、各業種で活用するとどんな効果が得られるのか、Larkで実現できることは何なのかなど、基本的なことについてご紹介します。いますぐLarkを使って、仕事を効率化しましょう

Larkは、何をするものなのか?

皆さんの企業では、業務改善やDX推進のために何らかのツールやアプリケーションを使用していますか?もしかしたら、作業や情報が分断され、チーム同士のコラボレーションがスムーズに行えていないかもしれません。さすがに、一人ひとりが別々のアプリケーションを使用しているということはないと思いますが、部門ごとに違うツールを利用していることはあるかもしれません。また、日報やタスク管理は別ツール、コミュニケーションも別ツールといった感じもよくあることかもしれません。実際、現場とバックオフィス両方で用途や機能などすべての要望を満たすものがなく、結果的に情報が散逸し、業務が非効率になったり、ユーザーエクスペリエンス(UX)が低下してしまうことに陥ってしまうこともあるようです。

Larkは、チャットを起点とする多機能なオールインワンのソリューションを提供することで、業務の分断を解消し、統合されたコラボレーション環境を実現します。企業内の複数のチームがLarkのプラットフォーム上でコミュニケーションやタスク管理を行うことで、情報の一元化と共有が可能となります。単純なアイデアのように聞こえるかもしれませんが、Larkのパワーは非常に大きいのです。例えば、チームメンバーはリアルタイムでコミュニケーションを取りながらタスクを進めることができるので、業務の効率化につながります。また、様々なファイルやドキュメントを共有しながら作業することで、ユーザーの生産性も向上します。最も素晴らしい点は、Larkがあらゆる業界、企業の成長段階に適用できることです。また、柔軟性が高く、必要に応じてカスタマイズすることも可能です。Larkは機能だけでなく、使いやすいソリューションを提供することで、企業の業務効率化と生産性向上を実現します。

営業での活用

営業がLarkを使った場合、どんな効果が生まれるでしょうか。例えば、ビデオ会議機能を活用して同僚や遠隔地の顧客との打ち合わせをリアルタイムで行い、コミュニケーションを強化することが挙げられます。マジックシェアを使えば、画面を切り替える必要がなくなるため、共有と連携を空間的な制限から解放されます。さらに、Larkのグループチャット機能を活用して、営業チーム全員が情報を共有し合うことで、顧客に対する一体感が醸成され、より強力な提案が可能となります。さらに、Larkのファイル共有機能を使えば、資料の作成や共有がスムーズに行えるため、営業担当者はより専念できる時間を確保できます。これらの効果により、営業部門はよりスピーディかつ効果的な顧客対応が可能となり、リードの追跡が強化され、新規顧客の獲得や既存顧客との長期的な関係構築が促進されます。Larkの活用によって、営業チームのパフォーマンス向上が期待できることでしょう。

Larkは、さまざまな業種・業態でのDX推進に活用できます!

店舗収益を最大化する飲食店での活用

飲食店では、Larkの活用によって店舗収益を最大化することが可能です。例えば、Larkのグループチャット機能を活用してスタッフ同士がリアルタイムで情報を共有し合うことで、効率的なサービス提供が実現します。また、Larkのタスクリスト機能を使ってスタッフの業務を効果的に管理し、タスクの優先順位を把握することで、店舗運営のスムーズ化が図れます。さらに、Larkのビデオ会議機能を活用してリモートで打ち合わせを行い、新しいメニューやイベントの企画を円滑に進めることができます。また、Larkのドキュメント共有機能を使ってスタッフ間で情報を共有し、顧客対応の一貫性を高めることで、顧客満足度の向上にも寄与します。Larkの活用によって、飲食店は効率的な運営と高品質なサービス提供を実現し、収益の向上につなげることができます。

現場業務を一元管理する小売業での活用

小売業において、Larkは複数店舗間の連携を強化するための優れたツールです。ドキュメント共有機能を活用すれば、新商品情報や販促計画などの重要な情報をリアルタイムで全店舗と共有できます。これにより、情報の一元化と共有がスムーズに行われ、各店舗間のコミュニケーションが円滑になります。さらに、Larkのグループビデオ会議機能を使えば、全店舗のスタッフ同士がオンライン上で情報交換やミーティングが可能となります。遠隔地にいるスタッフとも直接コミュニケーションを取れるため、一体感を醸成しやすくなります。これにより、各店舗のチームが協力し合って業務を進めることができ、統一感のあるサービス提供が実現します。最近では、さまざまな国籍やバックグラウンドを持つ従業員が働くことも増えています。Larkの優れた多言語サポート機能により、スタッフ教育やコミュニケーションの負担は軽減されることでしょう。Larkの活用によって、小売業は効率的な運営と顧客サービスの向上を図り、競争力を強化することができます。

小売業において、Larkは複数店舗間の連携を強化するための優れたツールです。ドキュメント共有機能を活用すれば、新商品情報や販促計画などの重要な情報をリアルタイムで全店舗と共有できます。これにより、情報の一元化と共有がスムーズに行われ、各店舗間のコミュニケーションが円滑になります。さらに、Larkのグループビデオ会議機能を使えば、全店舗のスタッフ同士がオンライン上で情報交換やミーティングが可能となります。遠隔地にいるスタッフとも直接コミュニケーションを取れるため、一体感を醸成しやすくなります。これにより、各店舗のチームが協力し合って業務を進めることができ、統一感のあるサービス提供が実現します。最近では、さまざまな国籍やバックグラウンドを持つ従業員が働くことも増えています。Larkの優れた多言語サポート機能により、スタッフ教育やコミュニケーションの負担は軽減されることでしょう。Larkの活用によって、小売業は効率的な運営と顧客サービスの向上を図り、競争力を強化することができます。

生産ライン最適化を実現する製造業での活用

製造業において、Larkは工程管理や品質管理を強化するための有用なツールとして活用できます。Lark シートやLark Baseを使えば、生産計画や在庫管理を効率的に行うことができます。製造プロセスにおける情報の一元化と共有がスムーズに行われ、生産効率の向上に寄与します。また、Baseのカンバンビューによって、製造プロセスの進捗管理が見やすくわかりやすくなります。作業手順やタスクの進行状況をリアルタイムで把握し、スタッフ間の連携を強化することが可能です。これにより、製造プロセスの迅速な進行と品質の向上が実現します。作業員トレーニングを効率的に実施するために、Wikiによる手順書の作成、作業指示なども全てペーパーレス化が実現します。ノウハウの属人化や次世代の育成にもデジタル化は必須です。

企業がLarkを導入するとどうなるのか?

Larkの導入によって、企業は効率性と生産性を大幅に向上させることができます。まず、従来のように複数のツールを使わなくてもLarkのプラットフォーム内ですべてをカバーできるため、業務の断片化を解消します。また、リアルタイムでのコミュニケーションが強化され、意思決定がスピーディに行えるようになります。多くのお客様が、すでにLarkで成功しています。詳しいお客様事例は、こちらでご確認ください。


すべてのビジネスは、 Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

すべてのビジネスは、Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。