離職率の低い職場を作るには?

離職率の低い職場を作るには?

離職率の低い職場を作るには?

Portrait of Yasuko Tanaka Lark's Author

田中 靖子

2023年5月22日月曜日

2023/05/22

2023/05/22

5 min read

日本労働市場における離職率は、産業や職種によって異なりますが、近年は総じて上昇傾向にあります。その中で、特に現場を持つサービス業や非正規雇用の分野で高い離職率が見られており、いかに従業員へのエンゲージメントをしスタッフの満足度を高め、離職率抑制の取り組みが求められています。労働者の意識の変化をはじめ、多様な働き方の選択肢など様々な要素が離職率の上下に影響を与えている今、企業は離職率低下のために従業員のニーズに応える施策を重視する必要があります。いますぐLarkを使って、仕事を効率化しましょう

日本の離職率の上昇傾向


離職率は、ある期間内(通常1年間)に雇用を終了した従業員の割合を示す指標で、企業や業界の離職率は、従業員の雇用状況や労働環境の健全性を示す重要な要素となります。企業によって算出の仕方が異なりますが一般的には、1)起算日(年度初め)から1年間の離職者数÷起算日における在籍者数×100、2)新卒社員が3年以内に離職した割合、3)過去5年をさかのぼり、中途社員が1年以内に離職した割合を指します。

離職率とは?

離職率は、ある期間内(通常1年間)に雇用を終了した従業員の割合を示す指標で、企業や業界の離職率は、従業員の雇用状況や労働環境の健全性を示す重要な要素となります。企業によって算出の仕方が異なりますが一般的には、1)起算日(年度初め)から1年間の離職者数÷起算日における在籍者数×100、2)新卒社員が3年以内に離職した割合、3)過去5年をさかのぼり、中途社員が1年以内に離職した割合を指します。

高い離職率が企業側にもたらすリスクとは?

上記内容に付随して、もちろん、離職率の高低は必ずしも一企業の経営指標に等しいわけではありませんし、企業を評価する唯一の要素ではありません。ただ、新卒採用であれ、中途採用であれ、高い離職率により、企業側は常に下記五つの課題に直面しないといけない場面に立たされがちです:1)人材の喪失、2)採用とトレーニングコストの高騰、 3)顧客満足度の低下、 4)組織の安定性の低下、5)経営戦略への影響

上記五つのリスクは、サービスや製品品質の低下、業務の停滞といった現場レベルの支障を始め、教育コストの上昇と顧客満足度の低下の恐れなど中長期的な影響、さらに組織全体的な構成やその先の戦略実行というハイレベルな意思決定の部分まで、企業の成長や競争力を妨げる局面にも繋がりかねないため、決して無視できるマイナー要因ではありませんし、積極的かつ計画的に対策する必要があると思われます。

日本の離職率の平均は?離職率の多い業界は?

日本の平均離職率は、産業や地域によって異なりますが、厚生労働省が調査した「令和3年雇用動向調査結果の概要」によりますと、令和3年の全体的平均離職率は約13.9%であり、全体的入職率の14.0%とは0.1ポイントという僅かな差しかなく、ほぼ同等なレベル感で推移をしています。その中、とりわけ宿泊業・飲食サービス業(25.6%)、生活関連サービス業・娯楽業(22.3%)、サービス業(18.7%)の三つの業界においての離職率の高さが顕著で、業界によって人員の入れ替えが1/4の割合に上る産業もあり、高い人員の流動性を物語っています。これらの業界はどれもフロント産業に近しいインダストリーであり、オペレーションヘビーな現場作業を有しているのが共通点であると観察されます。

上記業界において離職率が高い特徴

ではなぜ、現場作業が発生するフロント産業における離職率が他業界よりも高いのでしょうか。  

従業員エンゲージメント率の不足:現場作業が煩雑なため、社員一人一人のパフォーマンス管理まで手が届かなく、仕事へのモチベーションが低下する現象が発生しています。また、社内表彰制度はあるものの、通常の場合それが有効にアナウンスされておらず、従業員の心理的欲求を満たすことができません。  

知識の属人化による教育体制の不十分:現場知識の属人化が根強く残っており、業務のノウハウが効率よく共有されていないことで、新入社員や新規スタッフの教育やトレーニングが行き届かない傾向にあります。紙といったマニュアル形式で知識を管理し、ナレッジの共有できるスコープが限定されがちです。  

コミュニケーションの取りにくさ:情報の伝達が滞り、チーム内や上司とのコミュニケーションが困難で、問題の解決や業務の円滑化が妨げられがちです。意思疎通の不足により、従業員の不満やストレスが蓄積しやすくなります。

高い離職率を防ぐには?

それでは、現場を持つフロント産業が悩まされる上記3つのチャレンジに対して、どのようにアプローチをし、そして効率的かつ抜本的な対策作りができるかについて、下記有効だと思われる三つの解決策をご紹介していきます

それでは、現場を持つフロント産業が悩まされる上記3つのチャレンジに対して、どのようにアプローチをし、そして効率的かつ抜本的な対策作りができるかについて、下記有効だと思われる三つの解決策をご紹介していきます

従業員エンゲージメントをスタッフ満足度の向上から始めよう 

エンゲージメントを高めることで、現場とバックオフィス側、従来分断されがちな両者をタイムリーに繋がり、チームの一体感を作り上げます。オンラインでリアルタイムで成果を公表すれば、1つのチームとして一緒に喜びを共有できます。会社の情報各種を積極的に配信し、コミュニケーションを活発にします。   

効果   

従業員の心理的欲求をも満たし、従業員エンゲージメント率を高めることで、スタッフの離職率を低減させ、採用コストの削減を実現します。従業員のパフォーマンスや成果を可視化することで、モチベーション向上につなげ、生産性アップに繋がります。従業員満足度の改善でサービス品質を高め、さらなる顧客満足度の達成も可能です。LarkのMessenger告知アカウント自動通知プッシュ機能を活用すれば、売上速報、誕生日アンドのタイムリーな共有にご活用いただけます。Baseに接続された自動アナウンスを作成し、お祝いのメッセージなど送り合ってポジティブな雰囲気の職場をつ作り上げることができます。  

社内ナレッジを一元管理しよう 

研修リストや手順書、マニュアルなどをデジタルツールで集中管理し、紛失の発生を最小限まで抑えます。    

効果    

教育プロセスの効率化を図り、即戦力の育成にもう困りません。オンボーディング作業を1日で完結し、コスト削減に直結します。LarkのドキュメントWikiMinutesを使えばすべての資料をドキュメント化しで保存することで、社内の誰でもどこにでも自由に閲覧することができます。自動翻訳機能を活用すれば、現場の外国人スタッフとの言語の壁を破ることも可能です。 

コミュニケーションの一本化を実現しよう

複数ツールの使用をより簡素化することは、コミュニケーション改善の方法の一つです。情報があらゆるツールに散らばっていることで、コミュニケーションの分断が起こってしまいます。    

効果    

タイムリーなコミュニケーションで、問題の解決や業務の効率化を図れます。ツールの簡潔化で利用者の難易度を下げます。オールインワンのLarkなら、あらゆる仕事・職種に必要とされるあらゆる機能を一本化します。リアルタイムですべてのデータを可視化にし、情報把握をよりスマートに。

以上、離職率に関する現状、課題、および解決策についてご紹介して参りました。Larkを活用して、あなたも是非、従業員満足度の高い職場作りに使ってみませんか![離職率の低い職場を作れるツール🔗Larkを入手]

すべてのビジネスは、 Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

すべてのビジネスは、Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。