製造業における三現主義:現場・現物・現実の重要性とデジタル時代下の活用方法

製造業における三現主義:現場・現物・現実の重要性とデジタル時代下の活用方法

製造業における三現主義:現場・現物・現実の重要性とデジタル時代下の活用方法

Portrait of Jason Fujimoto Lark's Author

藤本 ジェイソン

2023年5月25日木曜日

2023/05/25

2023/05/25

5 min read

製造業において、「現場」「現物」「現実」という三つの要素を重視する三現主義が重要な役割を果たしています。この三現主義は、製造業において実践されるべき重要な原則とされており、製造業の競争力と成果を向上させる非常に重要な要素とされています。本記事では、三現主義の基本的な説明とその重要性、そしてデジタル時代に即した三現主義の活用方法についてそれぞれ解説していきます。いますぐLarkを使って、仕事を効率化しましょう

製造業界における三現主義って?

製造業における三現主義とは、現場、現物、現実の三つの要素を重視する考え方で、現場での効率的な作業や品質管理、現物に対する厳格な管理、現実の課題に対する客観的な対応という三つのこだわりを物語っています。まず、現場(げんば)とは、実際に作業や生産が行われる現地を指しており、製造業においては、現場の効率性や適切な管理が生産性や品質に直結するため、現場の改善や効率化に取り組むことで、生産性の向上やコスト削減を実現できる効果があると考えられます。次に、現物(げんぶつ)ですが、名前の通りモノを指しており、実際の製品や部品のことを意味します。ものづくりで立国した日本、そしてそれの根幹に当たる製造業では、現物に対して厳格な品質管理が徹底されています。プロダクトの品質が顧客満足度とにの直結しているため、製品の品質管理に力を入れることが求められます。最後に現実(げんじつ)とありますが、ピンとこないかもしれませんが、ここでは実際の状況や課題への客観的把握とのことを指します。製造業では、現実の課題に対して的確かつロジカルな対策を講じることが肝心なため、データ分析や改善活動の実施、顧客フィードバックの収集などを通じて、現実の課題への解決のアプローチを行います。


三現主義って、何で重要なの?

三現主義はすでに古い、淘汰されるべきではないかといった声もある中、なぜ、三現主義が依然、製造業の方達から重宝されているのでしょうか?主な理由は下記の3点が考えられます。まず初めに、三現主義の徹底は、実は効率と生産性の向上に好影響を与えると思われます。現場の効率化や改善活動を通じて、いかに工数ミニマムで最大なパフォーマンスを生産ラインに反映できるかが、生産性の向上とコストの削減に直に関連しています。そのため、作業プロセスの最適化や効果的な現場スタッフのスキルトレーニングの実施など、現場の効率性向上に取り組むことが重要になります。また、三現主義の実施は、品質の管理と改善にもポジティブな影響をもたらします。現物の正確な理解と品質管理の強化により、製品の品質を確保し続けることができます。品質の向上は顧客満足度の向上に繋がり、リコールなど追加コストのかかる不祥事発生への防止はもちろん、製品へのリピート買いや顧客粘着度の増加など、ブランド全体の競争力の向上に大きく寄与できる効果があると思われます。最後に、上記の好循環に加え、企業は三現主義によって持続的な改善とイノベーションの実現を可能にします。データに基づく現実の課題への客観的なアプローチは、持続的な改善とイノベーションの基盤となります。根拠なき仮想ベースでなく、データ分析や改善活動によって生じる根拠ある洞察をもとに、業務プロセスの最適化や新たなビジネス発想の創出にもつながると考えられます。

デジタル時代下の三現主義の活用

IT技術がが台頭し、デジタルの波が到来している今日においては、時代に応じて三現主義のより柔軟の活用及び進化がとりわけ重要です。マニュアル作業が生産ラインの自動化によって代替される製造現場は、現場のデジタル化と現物のトレーサビリティ、現実のデータ分析と予測が三現主義を実践するポイントともなってくるのでしょう。現場のデジタル化によって、作業プロセスや生産ラインの可視化やモニタリングが可能になり、リアルタイムでのデータの収集と分析によって、効率化のポイントや改善の余地を把握し、現場の生産性向上につなげる大きなヒントになってきます。また、IoT技術(モノのインターネット)などの技術を活用して、モノや製品の追跡可能性を確保することが肝です。プロダクトの生産経路や品質データをリアルタイムに追跡し、問題が発生した際にタイムリーな問題起票と解決が品質管理の強化と改善に活かせます。前述してきた、製造工程に経過するにつれて発生・蓄積される大量のデータを活用し、品質問題の早期発見や流出への防止など、現実の課題を洞察しインサイトを蓄積し続けることで、品質情報の見える化や高リスク要素の特定ができるようになり、長期的な改善策の立案とコスト削減のみならず、自ずと生産プロセスの最適化や品質の向上等、より付加価値の高いメリットを手に入れることが期待されます。

三現主義を実践して競争力を向上させよう

本日ご紹介してまいりました、製造業における三現主義である現場・現物・現実は、効率性向上、品質管理、持続的な改善の重要な要素です。日本の製造業界ではこの三つの考え方から価値観、そして世界観にまで進化させ、世界から評価されるMADE IN JAPANの奇跡を作り続けてきた。デジタル時代においては、IT技術やデータの活用を用いて三現主義の実践をよりスムーズかつ力強く実現することが可能です。Larkは、リアルタイムなコミュニケーションや情報共有、タスク管理、データ分析の機能を提供し、三現主義の実践をお手伝いいたします。製造業は三現主義を取り入れ、持続的な成長と競争力の向上を目指しましょう。⛑[🙋Larkにお問合せ]

すべてのビジネスは、 Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

すべてのビジネスは、Lark でつながる

必要なのは、インターネットと Lark だけ。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。

機能

企業情報

業界別活用法

料金プラン

お役立ち情報

開発者

セキュリティ

パートナーになる

© 2024 Lark Technologies Pte. Ltd. シンガポールに本社を置き、 世界中にオフィスを構えています。